ビーグレンってホントのところはどうなの?


最近、ニキビ跡ケアやたるみ毛穴ケアに、ビーグレンがいいという口コミを目にすることが多いです。
結論から言うと、ニキビ跡は簡単になくならないと実感してます。。。
クレーターのようなニキビ跡になると、美容皮膚科でのレーザー治療しか根本的な完治は難しいと思います。
今まで、20代の頃から20年以上もニキビ跡と毛穴に悩んできたのでいろいろ試してきました。
毛穴やニキビ跡ケアに特化した美容液だと、オバジというものがあります。
オバジが出たのはもう20年くらい前になると思いますが、発売当初、飛びついて買いました。
でも残念ながらオバジCの美容液も、私の開いたニキビ毛穴跡を治すことはできませんでした。

 

そんな私が、辿り着いたのが、ビーグレンです。
ビーグレンを使い始めてから、初めて 人から「肌がキレイですね。」と言われたんです。
隠さずに言いますが、毛穴もニキビ跡もなくなってはいません。

 

ただ、「毛穴やニキビ跡が目立たなくなった」んです。

 

ビーグレンで毛穴が消える、とか、ニキビ跡がなくなる、はウソだと思います(スミマセン)

 

でも、使っていくうちに、「肌の質感が変わってくる」のは、間違いないです。

 

それが、人によっては、「毛穴が目立たなくなった」「ニキビ跡が消えた」みたいな効果になるのだと思います。

 

私の実際の写真↓
ビーグレン使用前↓

ビーグレン使用約3ヶ月後↓

 

 

毛穴はなくなってないんですよね。。残念ながら。
たるみ毛穴もそのまま残っています。

 

ただ、肌の角質層の潤いが格段に増えて、「毛穴が埋まった」という感触と、「ニキビ跡も肌全体の質感アップによって目立たない」
っていうのが正しいと思います。

 

 

>>ビーグレン 毛穴ケア ニキビ跡ケアなどについて 詳しく見てみる<<

 

 

ビーグレンとオバジの違い

 

ビーグレンと一緒に、よく オバジが比較されているのは、ビーグレンの「Cセラム」美容液がオバジCの美容液と成分が近いからではないでしょうか。
オバジCは、HPにも堂々と「気になる毛穴に」と書いてありますからね。
オバジCに使われている「ビタミンC」はよく化粧品に使われている「ビタミンC誘導体」ではなく、「ピュアビタミン」です。
ピュアビタミンCは、肌の角層の中ですぐに働きかける即効性があるのですが、ピュアビタミンCは非常に不安定な成分でそもそも肌に浸透しにくい成分。
それを商品開発で安定させて浸透するように下のがオバジなんですね。

 

一方のビーグレンもビタミンCを「ピュアビタミン」の形で配合しており、浸透しにくい成分を「キューソーム」の浸透技術で浸透させるというわけなんです。
オバジもビーグレンのCセラムも、すごく良く似た香りがします。

 

 

 

実際に毛穴 ニキビ跡を目立たなくなるという実感を持つためにはどうしたら良い?

 

ピュアビタミンCの美容液だけなら、オバジの最高濃度 「オバジC20セラム」のほうが成分としては良いのかもしれません。
でも私はオバジだけでは期待したほどの効果は感じられませんでした。

 

やはり、ビタミンCよりも何よりも大事なのが、肌の角層の保湿だと思います。
ビーグレンは、クレイウォッシュという、とても優秀なクレイの洗顔料がありますが、この洗顔料は全くつっぱらず、洗いあがりがものすごくしっとりします。

 

そして、化粧水も浸透力が高く、とにかくお肌が潤います。
つかっているうちに肌がどんどん柔らかくなり、Cセラム美容液の浸透も明らかに良くなってきました。

 

それくらいから、お肌の色が抜けるような感じに透明感が出てきて、毛穴も埋まってきました。

 

ビーグレンが毛穴やニキビ跡に良いと言われているのは、やはりこの「肌へのトータルの保湿」が優れているからだと思います。

 

ビーグレンのトライアルセットを利用してお試し


ビーグレンは、悩みに合わせたトライアルセットが8種類用意されています。
どれを買っても「クレイウォッシュ」「キューソームローション(※10月から化粧水がリニューアル)」「Cセラム」は入っています。
あとは保湿クリームか保湿ジェルか、もしくはシワにいいレチノールクリームがプラスされるか、ですので、
悩んだら、同じ1800円で、プラスの美容液が入っている5本組セットを選んでもいいかと思います。

 

ちなみにビーグレンのトライアルセットは一度ずつなら、8種類全部購入することもできます。

 

 

>>ビーグレン トライアルセット 詳細はこちらから<<

 

 

更新履歴